2016年08月01日

「地域で支える子どもの発達障害 - 親・地域・施設・行政の役割 -」(2016年7月31日、生涯学習センター)

DSCF3878-20160731.jpg

 南流山地区社協の広報紙『しあわせ南流』(第56号、2014年5月)の特集「特別支援教育について」の中で発達障害について触れました。
 7月31日、生涯学習センターで流山子育てネット主催の講演会「地域で支える子どもの発達障害 - 親・地域・施設・行政の役割 -」があり、参加してきました。
 海津敦子氏さんによる基調講演、それに続くパネルディスカッションと当事者の方々の思いを聞くことができ、充実した時間を過すことができました。また、会の中で流山市の待機児童数が146名であることが紹介され、流山市の現状について理解することができました。

----------
発達障害って、なんだろう?|理解する 〜発達障害って何だろう?〜:政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/featured/201104/contents/rikai.html
発達障害とは:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/hattatu.htm
発達障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.html
流山子育てネット オフィシャルサイト | 流山の地域子育て支援ネットワークで、子育てをもっと身近に!
http://nagareyama-kosodate.org/
posted by M. Ichikawa at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山地区社協
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176312867
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック