2009年07月01日

ユニットバスのリフォームで忘れてはいけないこと、トイレの扉のストッパーの調整

DSCF5381Rs.jpg
トイレのドアのストッパー

DSCF5384Rs.jpg
ユニットバスをリフォーム後のストッパーの状態

DSCF5549s.jpg
ストッパーの位置を変えたトイレのドア

 ユニットバスの更新によってその入り口の枠の形状が変わります。南流山弐番街のトイレとユニットバスは隣あっているため、これにより、トイレのドアのストッパーの位置をチェックする必要があります。
 上段の写真はユニットバスのリフォーム前のストッパーの位置で、中段の写真はユニットバスを更新した後の状態でストッパーと接触する部分がありません。そこでドアのスッパーの位置を変更したのが下段の写真です。
 ユニットバスのリフォームに際して、トイレのドアのストッパーの調整を忘れてはなりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30207381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック