2017年03月12日

「イカのおすしを守ろう」(千葉県警察)

police000008282s.jpg

 自治会の回覧に「いかのおすし」と題するチラシが入っていました。「?」と思ってWeb検索したところ、学校安全webで日本全国各地に広がっている防犯標語であることがわかりました(回覧は自然社の「いかのおすし」(チラシ)に千葉県防犯協会・千葉県警察の名称を印刷したもの)。
 「子供たちが自らの身を守るために「5つのお約束(イカ・ノ・オ・ス・シ)」を守りましょう!」として次の行動を促すものです。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

STOP! 電話de詐欺

stop-denwa-de-sagi-chiba.jpg

 千葉県防犯協会・千葉県警察の『STOP! 電話de詐欺』のチラシが自治会の回覧板でまわってきました。『STOP! 電話de詐欺』というのは千葉県の県警、市町村、関係団体、民間企業等と連携した特殊詐欺に対する広報用の名称とのことです。

 「人を信じよう」という心につけ込んだ犯罪がなくならないことにやりきれない気持ちでいっぱいです。

----------
STOP! 電話de詐欺(特殊詐欺広報用新名称)/千葉県
https://www.pref.chiba.lg.jp/seikouan/bouhan/anzen/stop-ddsagi.html
posted by M. Ichikawa at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年03月06日

流山ぐりーんバス「南流山・木ルート」に関わる説明会(2017年3月5日、南流山センター)

ngb20170401.jpg
2017年3月5日に示された流山ぐりーんバス「南流山・木ルート」

 流山ぐりーんバス「南流山・木ルート」に関わる説明会(2017年3月5日、南流山センター)に参加しました。たまたま、自動車で県道(流山街道)から角にenterking 南流山店のある交差点からコープ野村南流山弐番街の面する道路に入ろうとした際、流山ぐりーんバスがその道路からでてきて「試走? ここを通るの? 子ども達の通学路になっているのに」と強い疑問が生まれたことによります。
 説明会(上記のリンク先から配布資料がダウンロード可)が始まり、市の担当者の挨拶と説明が終わり、質疑の時間となり、昨年7月2日の説明会にも参加された方から、「ルートに子ども達の通学路になっている部分が含まれることから見直しを図るように指摘したが、対応していないのはなぜか?」という質問がありました。これに対して明確な回答はありませんでした。そして「事故が起きたらどうするか?」という質問に対して「運行するバス会社が保険で対応」という返事がありました。「ルートを計画した市の責任と考えなさい!」と自覚を促す発言をせざるを得なくなりました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017 南流山センター ひなまつり

P_20170305_111629.jpg

 3月5日、南流山センターで「2017 南流山センター ひなまつり」の雛飾りを見ることができました。
posted by M. Ichikawa at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年03月03日

映画『流山三銃士』、2017年3月11日公開

P_20170303_211348.jpg

 『流山三銃士』TOHOシネマズ 流山おおたかの森で2017年3月11日から公開されます。

----------
映画『流山三銃士』公式サイト
http://www.nagareyama3jushi.jp/
posted by M. Ichikawa at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

流山つるし雛ひな巡り(2017年2月9日〜3月7日)

DSCF0648-20170303.jpg

 所用で流山市役所へでかけたところ、第一庁舎のロビーで「流山ひなまつり」の展示がありました。「流山ひなまつりの会」によって「流山つるし雛ひな巡り」として2月9日(日)〜3月7日(火)の間、流山市生涯学習センター(ロビー、大ギャラリー、小ギャラリー)、キッコーマンアリーナ流山セントラルパーク駅東葛病院、そして私が見た流山市役所で展示とのことです。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年01月22日

流山おおたかの森駅近くの東武野田線のアンダーパスは豪雨時、注意を!

DSCF8275-20170121.jpg

 以前のblogで木地区のつくばエクスプレスのアンダーパスが豪雨時、冠水して危険となることを書きました。
 流山おおたかの森駅近くの東武野田線のアンダーパスも豪雨時、冠水して危険となる可能性のあることに気付きました(写真上)。
 皆様、豪雨時の通行は避けるようにしてください。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年01月18日

『しあわせ南流』(64号、2017年1月)発行

no64image.jpg

 南流山地区社会福祉協議会の広報紙『しあわせ南流』(64号、2017年1月)を発行しました。
 紙面の1ページ目は2月18日に南流山自治会館で開催の勉強会『在宅療養支援診療所』の案内と新松戸にある中核地域生活支援センター「ほっとねっと」の紹介、2ページ目は昨年10月23日開催された南流山地区社協主催・流山市後援の『いきいきシニアの会』の報告です。また、63号で紹介した豪雨時の道路の冠水する場所として木地区のつくばエクスプレスのアンダーパスが追記されたことを紹介しています。
 在宅療養が重視されるようになった今日、在宅療養をされる方と在宅療養支援診療所が深く関わります(在宅での看取りも含まれます)。しかし、在宅療養支援診療所について知られていず、当事者、あるいはその家族の立場となって初めて知るという方が少なくありません。東葛病院付属診療所のご協力をいただいて開催の勉強会『在宅療養支援診療所』への皆様のご参加をお待ちしています。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年01月12日

「流山市中央公民館まつり」(「ながれやま公民館だより」、2017年1・2月、No.70)、南流山センターの1・2月の行事

n-kominkan201701-1.jpg

 公民館より「ながれやま公民館だより」が発行されています。「ながれやま公民館だより」(2017年1・2月、No.70)は、「流山市中央公民館まつり」(2月12日)の案内などです。
 南流山センターの1・2月の行事も以下に紹介します。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年01月07日

企画展「流山市50年の歩み」(2016年12月10日〜2017年2月29日、流山市立博物館)

DSCF6976-20170107.jpg

 流山市は千葉県下20番目の市として昭和42年1月1日に誕生し、今年の1月1日に50周年を迎えました。
 流山市立博物館企画展「流山市50年の歩み」が昨年12月10日から2月29日まで開催中ででかけてきました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2017年01月01日

赤城神社へ初詣

DSCF6919-20170101.jpg

 初詣は赤城神社へいくことにしています。本殿へ向かう階段下の「歓迎2017年謹賀新年」の幕のある景色を毎年、『南流山通信』(http://www.minami-nagareyama.org/index.htm)の正月の写真に使っています。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年12月27日

神明堀右岸調整池

DSCF6285-20161219.jpg
神明堀右岸調整池

 南流山を横切るように流れる神明堀は松戸市内で坂川につながりますが、豪雨時に排水能力が足りず、浸水被害の原因となっていました。このため、神明堀の下流に位置する松戸市は河道を掘り下げて雨水流下能力の増加を図る改修工事を実施し、流山市も南流山地域の浸水被害の解消に向けて、「準用河川神明堀改修事業」を実施しました。そして南流山中学校の近くに左岸調整池(面積4,278平米、容量17,200立米)、松戸市との市境と近い位置に右岸調整池(面積15,304平米、容量77,500立米)ができました。
 左岸調整池には水は溜まっていませんが、先日、右岸調整池を見にいったら水面は低いですが、水が溜まっていて鳥の姿が見えました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

南流山小学校の校舎増築工事

DSCF6322-20161219.jpg

 南流山に隣接する木地区の土地区画整理事業で大型マンションや戸建て住宅が建設され、南流山小学校の児童が急増していることから、平成28年10月から平成30年2月末竣工の予定で校舎増築工事が進行しています。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年12月19日

冬の交通安全運動

DSCF6330-20161219.jpg

 木の交差点で冬の交通安全運動実施中としてその酒で失う信頼 家族の未来とする垂れ幕が目に入りました。
 『飲んだら乗るな、乗るなら飲むな』という飲酒運転防止キャンペーンの標語を思い出しました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年12月17日

南流山駅南口の賑わい(12月17日)

DSCF6111-20161217.jpg

 12月17日、南流山駅に向かう途中、南流山駅南口で屋台が並び、催し物が開催されているのが目に入りました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年12月03日

「世界の太皷資料館 太皷館」、「郵政博物館」、「千葉工業大学東京スカイツリータウンRキャンパス」の見学

DSCF4754-20161203s.jpg

 南流山連合納涼祭(盆踊り)で太鼓を叩いてくれた南流山小学校の子ども達から希望者を募って12月3日、TX浅草駅近くの「世界の太皷資料館 太皷館」、東京スカイツリータウン・ソラマチ9Fにある「郵政博物館」、そして同8Fにある「千葉工業大学東京スカイツリータウンRキャンパス」のロボットなどの見学をしてきました。参加人数は1年生から6年生の27名で、太鼓の練習にご協力いただいた方(男性)、地区社協で活動する南流山小学校の教員を務めた方(女性)に引率のご協力をいただき、無事に行事を終えることができました。当初は欲張って「たばこと塩の博物館も」と考えたのですが、時間的に難しく、曳舟駅から南流山駅に帰りました。
 見学会の開催に配慮いただいた南流山小学校の先生方、引率にご協力いただいたお二方、そして引率者の目のゆきとどこないところを補ってくれた各グループのまとめ役になってくれた6年生のお友達に感謝します。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年11月24日

11月24日は雪景色

DSCF0360-20161124.jpg

 11月24日は54年ぶりの11月の初雪が降りました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年11月21日

つくばエクスプレス沿線サミット 2016 in 浅草(2016年11月29日、浅草ビューホテル)

DSCF3751-20161120.jpg

 秋葉原駅で「つくばエクスプレス沿線サミット 2016 in 浅草」が11月29日、浅草ビューホテルで開催のポスターが掲示されていました。

posted by M. Ichikawa at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

TXの車両の中の流山市の広告

DSCF3583-20161120.jpg

 TXに乗っていて「母になるなら、流山市。」とする流山市の広告があるのに気付きました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信

2016年11月19日

昭和23年7月1日〜昭和63年1月27日の間、満7歳になるまでに、集団予防接種を受けたことがある方へ

P_20161117_185032.jpg

 「昭和23年7月1日〜昭和63年1月27日の間、満7歳になるまでに、集団予防接種を受けたことがある方へ」として、集団予防接種等の注射器連続使用でB型肝炎ウイルスに感染した方への厚生労働省の対応が紹介のポスターが南流山センターに掲示されていました。厚生労働省のWebサイトを見ると、国内のB型肝炎( ウイルス性肝炎)の持続感染者が110〜140万人存在すると推計が示されています。
 血液検査をされていない方、肝炎ウイルス検査を受けましょう。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 南流山通信